FC2ブログ
タイトル画像

強迫 治療

2021.01.16(09:50)

緩慢息子の強迫症の治療は滞っています。
発症から20年。35歳になってしまいました。
軽症から重症になるのはあっという間の出来事で、そこからが長い!
訳が分からない症状で、巻き込み生活になっていたときは、
息子の「殺してほしい。お母さんしか頼める人がいない!」と懇願され
一瞬そのほうが息子も家族も楽になるかとも思いながらの生活。
なぜ、留まれたのかとふと考える日々です。
最近は巻き込みも少なく、自分の時間も持てるようになりましたが、
ふと考えます。
今の状況が長く続いていることに。。。
この先治療はどのようにしていけばよいのだろうか。
以前の強迫専門の先生のところに行ったとしても、
今の状況がよくなるとも思えない。
お世話になっている心理士の先生も今一つ現在の息子と治療の観点からして
そぐわっていない気がします。
現在の主治医との関係はまあまあうまくいっていますが、強迫のとなると
違っています。
新しく心理センターに行ってみようかと息子は言っているので、
それはそれで、何かしらの行動と出会いに繋がれば良し!としたいと
思うところです。
大きな変化はありませんが、良いほうには決して向かっていません。
食い止める方法を息子は強迫を受け止めながら、模索しつつ行動しようと
しているところです。
スポンサーサイト




タイトル画像

迎春 丑

2021.01.01(22:52)

あけましておめでとうございます
大晦日は雪が舞いましたが、元旦の今日は晴れ間も見え
寒いながらも穏やかさが感じられました。
初詣に出かけたところ、参拝者の多いこと。
長い列ができ、密密していました。
なので、遠くからお参りし、お札さんだけ買い求め帰ってきました。

コロナ休暇で大掃除もそこそこすんでいたため、ゆったりした暮れを
迎えたのはよかったのですが、ゆったりしすぎて、普段のお掃除まで
ゆったりぎみでした(笑)

今年は「丑」。私は60歳になります。
60の手習いといいますので、何か始めようかと少し前から考えていました。
編み物・洋裁・習字など
寄る年波で、老眼でなかなか難しい。また、新鮮味が欠けます。
そんな折、見つけました!
三味線を始めます。琴の稽古は長くしていますが、三味線は初めてです。
暮れに三味線と撥を選び、今月には手元に届きます。楽しみです。
数年前に琴は買い換えていますが、そのお値段は家族もびっくり。。。
なのに、超初心者の私が買い求めた三味線はそれを上回ってしまいました。
我ながら、老後の心配をするほどです。
緩慢息子はお値段を知っていますが、主人には内緒です。

その緩慢息子まだまだ強迫に苦しんでいます。
「ヤバい!!」
「どうしよう。。。」
「・・・・・・」固まっている
などなど
私に多くの巻き込みはしませんので、ほどほど緩慢息子の強迫に
付き合っています。
一般的には強迫に巻き込まれては良くないとされていますが、
我が家は、時にはお付き合いしながら、息子の心の辛さを吐き出させています。

昨年は心臓の手術などありました。今年は自分を自愛しながら、家族と向き合って
いこうと思っています。

2021年01月

  1. 強迫 治療(01/16)
  2. 迎春 丑(01/01)