FC2ブログ
タイトル画像

幸せ

2014.07.26(23:41)

昨日は月例会でした。
毎月恒例のマックの日。
主人が仕事帰りに買ってきます。
そして今日。
仕事が終わってそのまま名フィルの定期演奏会に。
ケーキを買って帰宅すると娘が来ていた。
そして手際よく夕食も作り洗い物までして帰って行きました。
わんこのお世話をして、夕食まで作ってせっかくのお休みに
我が家に仕事をしに来たようなものです。
お陰で私はゆっくりさせていただき、めっちゃ幸せでした。
二日も続けてなんてないですものね。。。
主人にも娘にも感謝です。

1つだけ残念な出来事が・・・
演奏会の最中になんと『携帯』が鳴りました。
びっくりです。
私ではありませんよ。
どなたかはわかりませんが、こんな事始めてです。
最低限のマナーは守らないといけませんね。
スポンサーサイト




タイトル画像

息子にしては・・・

2014.07.22(12:16)

19日
雨にも関わらず、釣りに行きました。
朝6時に弟がお迎えに来て、一度実家に寄り釣り場まで。
現地に着いたら、大雨。
早速コメダでモーニング。
雨が止んで釣りが始まったそうだ。
大漁
ハゼが大漁でした。
夕食に大きい魚だけ開いて唐揚げにしていただきました。
すご~~~く、美味しかったですよ。
21日
友人たちが主人の還暦のお祝いをしてくれるので、魚太郎に行きました。
勿論息子も参加でした。
朝7時出発。またもや遅刻なし!
ところが主になってお祝いをしてくれる方のお母さんが朝救急車で運ばれてしまった。
ので、二次会が決定した。
友人宅で夕方から22:00まで食べて飲んでの楽しい会でした。

緩慢息子は外出が続くので強迫的にはどうなるかと見ていると
家では時折ストッピングをしていましたが、その都度時間を伝えれば
時間に間に合うように帳尻を合わせていました。
疲れてはいますが、顔色や顔つきは良好です。
魚太郎のBBQは焼きを任され、買い出しを頼まれ次から次へと指示が
飛び交い楽しそうに動けていました。
強迫する時間があまりなかったような気がします。
これこそ行動療法!!
今日は寝込みかと思いきや、鼻歌歌いながら携帯触っています。
次の予定は27日(日)またもや釣り。
真っ白だった息子の肌が真っ黒になってきました。
それは良いのですが、私も真っ黒に・・・・(悩むう。。。)
タイトル画像

ターニングポイント

2014.07.14(18:22)

緩慢息子のターニングポイントは『シャワーが出来なかった時』でした。
今まで何人の方にサポートをお願いしてきたか。
必ず躓いたのは『シャワーが出来ない』日でした。
先週木曜日平田先生にお世話になってから始めてシャワーができませんでした。
私はいや~~~な予感!
どうなることやらと思っていたら、あらぁ何も起こらない。
至って普通の緩慢息子。
今までなら「もう断ってくれ!」「サポートの責任だ!」などなど
大きな声で何時間も文句を言ったり、動けなくなり死人の様になったり大変でした。
何がどう息子を変えたのかはわかりませんが、結果オーライってとこです。

今日は以前から約束をしていました『釣り』に行ってきました。
ちっこいハゼが2匹とちっこいお魚(名前不明)1匹。
朝8時出発の予定でしたが、6時半には息子の準備が出来ていました。
待たされないって私にとっては幸せを感じてしまいます。
こんな事数年前はありえませんでしたから・・・・
真っ赤に日に焼けた緩慢息子疲れ果てわんこと一緒にリビングで寝ています。
息子の次の外出予定は19日(土)またもや『釣り』。
実家の弟家族が連れて行ってくれます。
今度は漁港で名所だそうです。
連れ出してくれる弟家族に感謝です。
(チームは医療関係者だけではありませんね。。)
タイトル画像

セミナー

2014.07.11(19:39)

『アイズ・セミナー 2014 夏』のセミナーに参加しました。
対象者が専門家のようでしたので難しいセミナーかと思いながらいつものわたしで
『わからなかったら、わからないままでいっか。。』っての参加でした。
『機能的行動アセスメントと行動介入計画(プログラム)』ん~~難しい。。
と、思いきや、すごくわかりやすく説明をしてくださる池田先生。
私は息子を重ねながら聞き入りました。
対象にされているのは小学生でしたが、28歳の息子にも当てはまる所が・・・
①観察
②揺るぎない介入
③チーム
我が家のポイントだと。
そして、『行動』を変える。変えるのは本人の息子自身。
よ~~く考えみるとおかじま先生から教わり、我が家なりの仕方と似ている。
成果はやっと出てきているような気がします。
ここからまた一歩進むにはどう行動したら良いのか楽しみながら介入してみます。
この「どう行動したらよいのか」ってのは私がどうってことです。
どんな風に私が行動を変えれば息子も変わるのか。。。
その結果が良くても悪くてもやってみなければわからないですものね~~~
不安障害の私の行動療法でもあります。
タイトル画像

還暦祝い

2014.07.06(22:33)

今日は主人の還暦祝いをしました。
60歳まで入院したこともなく、勤続できたのも私のサポートのお陰
ではなく、本人の努力の賜ものと生まれ持った健康な体だと思います。
午後6時 社員クラブ にて予約。
我が家4人と弟家族4人。
緩慢息子お昼12時に部屋で寝ていました。
主人「○○(息子)行けるのかなぁ」
私「行きたければ支度するでしょう・・・・」
主人「・・・・・・」
で、私は町内の会合へ。
13:30に帰宅するとシャワーをしていました。
『行く気あるんだ』
そこからが早い。
16:00には支度が終わり
「いつでも行けるよ~~~」って。
進化している。。
それに『手ぶら』。
最近木曜日に平田先生とドンキなどに手ぶらで行き始めて
できるようになったそうだ。
進化している。
タイトル画像

おかじま先生

2014.07.01(22:36)

ブログ内では公にしない方がよいと思い心理の先生として
今まで書いてまいりましたが、最近先生が名前を書いて
くださるようになりましたので解禁します。
(それまではハンドルネームでした)
我が家が公私共にお世話になっています、おかじま先生が
HPを作られました。
6/26毎月1回開催されるリラックスの会の帰り道
立ち話をしていて情報をゲットしました。
出来立てほやほやだとか・・・
先生らしい温もりを感じるHPだと思います。
緩慢息子曰く
   「この写真ちょっと老けて見えない?・・・・」

  「って事は実際はもっと若いってこと?」
息子
  「ん~~・・・・・・だと思う。。。」
先生のお陰で息子もここまで成長しました。
先生にお目にかかった時は3歳(本当は21歳)が
中学生(本当は28歳)にまでなりました。
感謝しております。
  Miyo Okajima counseling

2014年07月

  1. 幸せ(07/26)
  2. 息子にしては・・・(07/22)
  3. ターニングポイント(07/14)
  4. セミナー(07/11)
  5. 還暦祝い(07/06)
  6. おかじま先生(07/01)