FC2ブログ
タイトル画像

あれから

2010.05.23(08:27)

3日間集中プログラムのお手伝いに参加してから
1週間が経ちます。
何が変わったか
手洗いの回数が減った
シャワーの時間が短くなった
自分で物を取る回数が多くなった
など
良かった~よかった~

以前熊本の病院には、」同じように集中プログラムの時
お手伝いにいらっしゃっている「おはるさん」という
方がいました。
息子と同じ『緩慢』の女性です。
息子と一緒で動き出しも大変でいつも開始時間には
間に合わない方でした。
息子は「おはるさん」がいたからこそここまで頑張れたと
思います。

先日その「おはるさん」と1時間ほど電話で話しました。
先生が名古屋にいらして主治医が代わり、集中プログラム
のお手伝いもなくなり今又『緩慢』生活を余儀なくされています。

電話を切った後、息子にとって集中プログラムのお手伝いが
どれほど必要なことなのか実感させられました。
お手伝いというのは名目で先生方の治療の一環であり、
ご好意だと私は思っています。

少しでも今現在OCDで苦しんでいる方のお役にたち
息子の経験が何かしらのヒントとなってくれることを
望んでいます。
そして、息子も今までOCDに苦しみながら、また、これからも
辛い人生かもしれませんが、生きている意味を見つけてほしいと
願っています。

スポンサーサイト




タイトル画像

集中プログラム

2010.05.16(17:34)

昨日と本日、なごやメンタルの3日間集中プログラムが行われています。

息子は過去3度行っており、お手伝いにも参加させていただいています。

ここのところ、不調で引きこもりの息子はなかなか参加できませんでした。

毎月、「来月は行くぞ~」なんて言いながら、近づくと「やっぱりだめだ~」
になってしまう息子を見ていて切ない思いもしていました。

やっと、今月参加できたのです。
昨日は介護の日でしたので、10:00~12:00までの予定でシャワーをするはずが、
体が動かず介護終了時間には間に合いませんでした。
しかし、その後自力で頑張り、残り数時間でしたが集中プログラムに参加できたのです。
私は、着付けのお稽古と夜は食事会に行き帰宅は夜の12時前でした。
帰宅するやいなや「今日ね~~~」と話が続きます。
ちょっぴり反省点もあったようですが、行ってよかったそうです。

そして今日10時開始に間に合ったか、ぎりぎりかわかりませんが朝、慌てて
家を元気に出て行きました。

参加されている皆さんから、何かまた得て帰宅してくれれば、幸いと思っています。
そして、皆さんのお役にたってくれればうれしく存じます。


タイトル画像

ひどい 母

2010.05.14(22:26)

息子は、ぶさいくなのです。

しかし、私にも似ているとか・・・

親子なのだからそうでしょうが、ぶさいくなのです。

「あなたは、ぶさいくなんだから、勘違いしないように」
「その分、やさしい心を持つように」
と言い聞かして育ててきました。

ここ数年はそこに「強迫(病気)」がプラスされてしまったので
もっと、内面を磨かないといけないと思うのです。
やさしさは育っています。人の心を理解しようとする事ができます。
思いやりもあります。とっても単純です。
いい子に育ってくれました。

「ぶさいくはわかっているよ!そこをダメ押しするのだから~」
と息子に言われます。

息子がその事を知人に話すと「そんなことないよ~」とお返事が
あるそうです。

きっと世間からは、ひどい母と思われている事でしょう。

しかし、息子よ本当に勘違いしないように
あなたは、ぶさいくよ!


タイトル画像

妖精が・・・

2010.05.09(17:39)

強迫三昧の息子の周りは、妖精さんが飛び交っている。

しかし、数年前に比べれば随分減っているようだ。

「ん~~~~手が洗いたい!」
「ん~~~~きちんと揃えたい!」
「ん~~~~」
と、よく口にしている。

「やっぱ、エクスポージャーしないといけないなぁ」
「確認が、増えたしなぁ」

どうも、動き始めた息子は時間がもったいなくなったようだ。
強迫の時間を減らせば、疲れも少なくなるし、その分何か他の事が出来る。
『もっと、その思いを強く~~~』と鬼の母は心で思っている。

息子が本当に困って、心理士の先生に、ERP依頼をする日を待っている
今日この頃だ。
そうすれば、もっと楽になるはず。


昨日は「クラブ」に行き、今日朝帰りの息子。
疲れたらしく、時々起きては寝てを繰り返している。
二日酔いも午後には醒め、ワンちゃんと遊んでいる。
さすが24歳。まだまだ若い。復活も早いものだ。
強迫に使っているエネルギーを他に使い出したことを母は本当に喜んでいる。
息子と娘から、母の日のプレゼントをもらった。
腰痛に苦しんでいる私の為に、クッションを選んでくれたそうだ。
肌触りのとても良いクッションだ。
幸せを感じた一日であった。


タイトル画像

ランチ

2010.05.06(21:19)

昨日は、祭日にも関わらず訪問介護の日でした。

早起きしてしまいリズムが狂ったのか始めはゆっくりしていたそうです。
しかし、その後はスピードアップでき何とかシャワーが出来ました。

私は、お任せなので、ご挨拶した後、野菜の苗を買いに出かけてしまいました。

さて、今日は行動支援で、介護の方とランチに出かけました。
ヘルパーさん3人と息子楽しかったようです。
なぜって、女性のヘルパーさんが一人いらしたのです。
息子の要望をかなえてくださったのです。
仕事から帰った私に「ハンバーグおいしかった。780円ね」と手を差し出しました。

その後、カウンセリングへ。
時間に間に合った~~とうれしそうでした。
今日はいつもの心理士さんよりず~~~っとお若い心理士さんのカウンセリングを受けてきました。
だ~~い好きな心理士さんです。
しかし、息子いわく「調子のいい時は○○先生のほうがいいけれど、僕みたいな大変な患者は
調子の悪い時はいつもの◎◎先生しか対処できないよなぁ」と。
わかっていらっしゃる、我が息子。
そして、次回はいつもの心理士の先生のカウンセリングの予約をしてきたそうです。
強迫三昧の自分に気がついているはず。
踏ん張って、頑張れ~~

私は、見守っています。
な~~んて言いながら、息子の事はすっかり忘れ、おいしいランチに時々行かせていただきま~す。

seaくん 8ヶ月

タイトル画像

大阪

2010.05.03(09:25)

昨日、3家族でバーベキューに行きました。
引きこもりの緩慢息子は何年も不参加でしたが、
最近は行くことが出来るようになり参加しました。
産まれた時から知っているメンバーなので遠慮は
ありません。
参加を喜んでいただき興奮気味の息子。
チュウハイを5杯飲みいい気分。
10時頃、家に帰り、寝るかと思いきや
「今から出かけてきます。」
私「そう。」
主人「こんな時間に、どこへ~」
息子「大阪まで。」
私「ふ~~ん。自転車で大変だね。」
主人「????」
11時過ぎに出かけました。
今日、朝帰りかと思っていたら夜中犬が鳴きましたので
何時かわかりませんが帰ってきたようです。
朝起きて来た息子に
私「大阪って近いんだね。」
息子「自転車じゃなくて電車にしたから~」
主人「??????????」
訳のわからない会話の末
今は熟睡している息子です。

次の介護は水曜日です。
祭日もお願いできるのでリズムが崩れずありがたいと
思っています。

今からの私は、友人とランチです。
体重は忘れ行ってきま~~~す。

タイトル画像

よい 天気

2010.05.01(12:55)

今日から5月。

とても、よい 天気です。

久しぶりに庭の草取りを1時間ほどしました。
色黒の私が日に焼けてしまった。。。
しみ・そばかす なんでもかかってこい!
なんて、言えないお年頃。
いまさら~~とも思いながら、美白化粧品買わないと
と思っています。

腰も膝も痛いのに今日はよいお天気なので自転車で
歯科まで行きました。
15分ほどで行けるはずの道のりが25分もかかったのです。
坂が登れないのです。
やはりダイエットが必要なのかと実感しましたが、先ほど
すっかり忘れて大福餅をだべてしまった。
「まっいいか」の性格が顔をすぐに出してしまいます。

今日は息子の訪問介護の日でした。
無事シャワーもできたようです。
初めて介護の日に私がお休みで様子が伺えました。
介護の方がタイムを計ってくださっていました。
起床・トイレ・シーツ交換・手洗い・シャワー・手洗い・掃除
など20項目ほどの時間測定です。
今後はそれぞれの目標時間を設定し時間を短くする予定だそうです。
私の場合は本人とヘルパーさんにお任せですので深く関わらないように
したいと思っています。
今の息子はヘルパーさんも帰られ、しろくまさん状態です。
よくあれほど、行ったり来たりできるものかと関心しています。

息子よせっかくシャワーも出来たのだから、お出かけしなさいよ。
母はお昼ねさせていただきますからね~~~



2010年05月

  1. あれから(05/23)
  2. 集中プログラム(05/16)
  3. ひどい 母(05/14)
  4. 妖精が・・・(05/09)
  5. ランチ(05/06)
  6. 大阪(05/03)
  7. よい 天気(05/01)