FC2ブログ
タイトル画像

歯科受診

2010.03.24(23:07)

時間に間に合わない息子が、予約時間より早く歯科に着いた。

予約は、ある大学病院の『障害者歯科』です。
とても穏やかな先生で、きめ細かに説明も治療もされます。
時間も多くとってくださり、2時間半までの遅刻はOKでした。

なのに、早く着いたのです。

よく、頑張りました。

ここ数年何週間も歯を磨かなく、痛みのあった息子と
「総いれば」かな~~
なんて言いながら診察を受けると、なんと「1本」しか
虫歯になっていないそうで、びっくりでした。
それも簡単な治療で治していただき、
「丈夫な歯と丈夫なはぐきでよかったね」
とおっしゃっていただいていました。

次は半年後。
先生と「1週間に1回は磨こうね」と約束していました。

スポンサーサイト




タイトル画像

初 介護

2010.03.23(22:19)

今日は、初めての『訪問介護』の日でした。

私は仕事の為、息子とヘルパーさんにお任せしました。

本来の私は不安症なので、見ていたい気持ちが強いですが
あえて仕事の日に設定しました。
と、言うよりは今日になってしまったのです。

様子はわかりませんが、「つめきり」をしながらお話を
したそうです。

昨日1ヶ月ぶりにシャワーをし、本来ならば疲れて寝ている
息子ですが、今日は頑張ったそうです。

ずーっとやりたかったゲームもしたそうです。

少しの無理をさせて、ばてない程度に動かしたいと思っています。

明日は歯科受診の予約日です。

さ~~~て 行くことができるでしょうか。。。


タイトル画像

かぜ

2010.03.20(19:40)

少しずつ 少しずつ
動けるようになった息子。

亀さんよりのろい歩みではあるが一歩一歩
前進しているようにみえる。

息子の口から
「外の窓開けてくれる~」
と今朝言ってきた。

淀んだ重い部屋の空気を入れ替えたかったそうだ。

さわやかな風が部屋を通り抜ける。
冷たくもあり、暖かくもある風。

自分から何か変えようとしているのかも。


タイトル画像

訪問介護

2010.03.18(22:21)

息子が訪問介護をお願いしたいと言い出した。

考えが変わらないうちに電話をし早速昨日打ち合わせに
きてくれました。

以前お願いしようとしていたが人手が足りないといわれ
順番が待てず訪問看護を要請した経緯があります。

今回は都合をつけてくださり23日からお願いができます。

先ずは「シャワー」を週2回が目標。

頑張れ~~~



タイトル画像

風邪

2010.03.14(15:31)

数年前までは風邪もひかない程の強迫であった息子が、
最近風邪をひくようになった。

ODをし、なれない不穏時の薬を飲ませたあげく、
血圧が下がり、倒れてしまった息子。
おまけに風邪をひいていたようだ。

精神科のDr.は強迫しかみられない。
息子を強迫としか見ない。
風邪の症状まで気づかない。
そのようなところがあるように思う。
今まで何人かのDr.に接しての私の感想です。

かかりつけの内科に受診した。
「お腹は?のどは?他には?・・・胃腸風邪ですね」
と点滴をしてくださり、お薬も出してくれた。

今日で3日目随分楽になったようだ。

毎日見ている私であっても息子の判断が難しい。

巻き込まれずに、観察が必要だと実感した。

PS 精神科「今日はどうして来たの?」が一言目だった。
   内科 「よく来れたね。どうしたのかな」が一言目だった。
   この違い、息子には大きな違いがあるようだ。
   

タイトル画像

心理士

2010.03.10(23:06)

息子に死にたい妖精がまとわりついてきた。
いつものように「殺してほしい。。。」
「死にたい。。。」「死んでやる!」
などなど大きな声で叫んでいた。
「睡眠薬をもらって来い!」「救急車を呼べ!」
とも言い放っていた。
毎回反応しないようにしている私だが、今日は
へこたれてしまった。
主治医は休診日、地元の病院の先生も今日は担当日
ではない。
いつも、最後の頼みの綱になる、心理士の先生に電話を
すると、「いつでも良いので来て下さい」とのお返事。
藁にもすがる思いでクリニックへ出かけた。
いつもの息子なら人通りの多いクリニックにシャワーも
済ませずには行かれない。
そかし、今日はすんなりついて来た。
本当は先生に会いたかったのだと思います。
調子の悪い時に見せる息子の大柄な態度。
そして、物言い。
母として恥ずかしいやら、情けないやら。。。
先生に申し訳ない気持ちでいっぱいで。
先生といえば、いつもの先生で、淡々とお話される。
それも息子は気に入らない様子。
だが、さすが心理士の先生です。
3年以上もの間息子を見放さずいてくださっている先生です。
最後は「ありがとうございました」と言える息子にしてくださっている。
何度、先生には助けてもらっているだろうか。
私には時々「マリアさま」に見えてきます。
ちょっぴり、言いすぎかしら・・・


タイトル画像

やっぱり

2010.03.07(20:51)

いつもの言葉「ピンチがチャンス!」

今日は朝から頭痛とめまいで体調が悪く家事を済ませた後
休んでいました。
すると、息子の部屋から「おかあさ~~~ん」と何度も呼ぶ声
が聞こえてきます。
しかし、吐き気まで出てきて返事も出来ず数時間。
少しおさまりわんちゃんのシャンプー予約の時間になり無理して
出かけました。
帰りに頑張ってお買い物を済ませ帰宅すると、息子の様子がおかしい。
ハイ状態でろれつもおかしい。
部屋の中を見回すと、チュウハイの缶が置いてある。
ん~~~
話をしているとやっと言いました。
「睡眠薬を10錠飲んだ」と。
やっぱり。。。。
しかし、眠くならず、ハイ状態が続いている。
え~~~~い
と、プロンプトしてみました。
すると、頭がぼ~~っとしているため、動きます。
頭を洗ってあげて、顔・体を拭き、着替えをさせて、歯を磨いてあげ
最後は床屋さんまで行かせました。
子どもがえり状態がありだだをこねててこずらせましたが、やっと今
休みました。

やっぱり
チャンス!だったのですね。
さっぱりした顔でゆっくり眠れるでしょう。
毎日頭がかゆくて眠れなかったようでしたから・・・

息子よ、よく頑張りました。


タイトル画像

勉強会

2010.03.04(22:35)

来る3月28日に強迫性障害の勉強会をする
ことになりました。

心理の先生にお願いが出来ほっとしています。

名古屋の会としては初めての試みですので、
不安もいっぱいあります。

人が集まらなかったらどうしましょう・・・
な~んてね。

最悪のストーリーを考えてしまいそうです。

お花見にならないようにしなければ。。。

会場は桜の名所です。
ただ、28日ですと散ってしまっている可能性大です。

あら、どうしましょう。。。


2010年03月

  1. 歯科受診(03/24)
  2. 初 介護(03/23)
  3. かぜ(03/20)
  4. 訪問介護(03/18)
  5. 風邪(03/14)
  6. 心理士(03/10)
  7. やっぱり(03/07)
  8. 勉強会(03/04)