FC2ブログ
タイトル画像

名古屋OCDの会

2009.05.31(14:12)

名古屋OCDの会がはじまり早1年。
多くの方とお話でき私の心の支えになっています。

熊本でのOCDの会にて皆様のお話の中から多くのヒントを
いただき、我が家だけではないのだとこれまで息子と共にOCD
について勉強し、OCDを受け入れようと努力できたのだと実感します。

息子にとって会の参加はメリットもデメリットもありました。
同じ悩みを持ち病気に取り組む皆様の姿を見、力をいただき、
辛いERPの必要性を教えていただき、仲間もできた。
また反対に皆様のように治っていかない自分に嫌気がさき自分の無力
さに嘆き殻にこもる。
しかし、引きこもっていたら何も出来ず、人と触れ合うことすらなくなってしまう。

また、息子が参加できる日がある事を願っている母でした。
スポンサーサイト




タイトル画像

賄賂とご褒美

2009.05.25(19:18)

強迫の息子にとっての賄賂とご褒美とは・・・

賄賂
これ買ってあげるから受診にいったら~
お小遣いあげるからシャワーやったら~
ハイ、ジュースだよ。飲んだら手洗い止めてね~
などなど

ご褒美
シャワー後「のど乾いたね。ジュースのみな」
クリニック受診後「ハンバーガー食べてらっしゃいね」
などなど

区別をつけて息子の対応をし、適切な対応も必要だと
痛感する。
そこが私がうまく出来ないのです。
物だけでなく言葉かけも区別しての対応が難しい。

後悔が後悔で終わることが多く私はもっと反省し学ばなければ
いけないところだ。
タイトル画像

代わりに

2009.05.24(17:43)

金曜日家を出る支度が出来たのが確か7時半。
クリニックまで早くても30分はかかる。
もうクリニックの受付は終わっている。
薬のない息子は「困った!」
心理の先生に電話して相談していた。
支度が出来たことを先ずはほめていただいたようだ。
二日続けて動くことが出来ない息子は、私に頼むしか
なかったようだ。

そして、昨日私が代理受診し薬をいただいた。

これまで薬がなくなる前に私が受診し薬を手に入れていた。

しかし、今は本人の依頼がなければ先にを私がを止めた。

止めたというより医師からの指示でもあった。

これも認知行動療法の一つである。

息子に必要なのは「行動」のみ。
タイトル画像

2009.05.22(18:28)

今日で薬かなくなる強迫の息子は診察に
いかなければならないと必死です。

ただし~~そろそろ時間切れになりそう。

今までは私に頼るばかりでしたが、なんと
「自分で行かないといけないんだ!」と頑張っている。

様子を見守りつつ、ハラハラしている母なのです。
タイトル画像

今困っていること

2009.05.21(09:28)

強迫の息子が今困っていること。
たくさんありすぎ!!

シャワー・歯磨き・音・よごれなどなど

先ずは 行動。
わかっているけど 動けない。

動けないのが 苦しく、辛い。

動き出そうとすると次々トリガーがやってくる。

私が手助けするわけにはいかない。
結構それも辛い。

タイトル画像

残念

2009.05.17(16:42)

今回息子自身が集中ERPを希望し申し込みをしたのに・・・

行けませんでした。

ましてや心理の先生とコミニュケーションがうまく取れなかった
事を前面に出し怒っているのです。
息子の言い分もわかりますが、先生のおっしゃっていることも
私にはわかります。
あちゃ・・・

ひさしぶりに胃の痛みを実感しました。

しかし、あることに気がついたと言い出しました。

「ERPの仕方は教わっている。今更お願いしなくてもERPの
お手伝いに行き感覚を呼び戻せばいいんだ!」と。

もう先生は今までの息子の態度に対しお手伝いに呼んで
いただけないかもしれませんのに・・・
単純というか、子供だというか・・・

よ~~く考えてポジティブに思えば、前向きな考えでよいかと
思ってしまった母でした。
タイトル画像

ハイ&ロー

2009.05.13(16:24)

息子は気分に波があります。
大きな波から小さな波まで。

もちろん私にだって波はあります。

が・・・

強迫にはまっているときは物音立てず静か静か。
家族も巻き込むひっそり生活。

強迫でないときの息子はにぎやかを通り越して
ものすごくうるさい。
家族も巻き込み頭ズキズキ生活。

どちらも良くないが、どちらも悪くない。

良く考えてみれば、家族の巻き込みもこんなところで
収まっている。
以前に比べれば平和ですねぇ。
タイトル画像

食事

2009.05.12(19:25)

強迫の息子は現在1日1食。
時間は決まってない。

数年前までは食べたり食べなかったりが続いた。
薬は食事の後と決めていた息子はなかなか
服薬も難しかった。

1度の食事で満腹食べる。
ちなみに今朝のメニューは
回鍋肉・あさりの酒蒸し・いちご、バナナ、キウイ、りんご
のフルーツヨーグルト・ご飯。
良く食べれるようになったものだ。

おかげさまでトイレにも行かなくてはいけないし、行動が
増えた。

今まで食事の前の確認・洗浄・ルールがいっぱいだった。
最近「もやもや感」を持つ為に時間短縮を心がけているのは
良いことだ。

頑張っているなぁ。
タイトル画像

日記

2009.05.11(15:59)

本格的に強迫性障害の治療を受けて2年5ヶ月。
初めて日記をつけ始めた息子です。
今まで課題として出たことはありましたが、
確認がひどく無理と判断され中止になっていました。
5項目ほどの○×及び回数の表記のみですが、
1項目に何分?いや何十分かかって書いていたでしょうか。
新しいことが始まると確認妖精が飛び交ってしまうようです。
しかし、本人は出来ることの喜びが大きいようです。

今は大好きないちごをたっぷり食べて休憩モードに入っている
息子です。
タイトル画像

日光浴

2009.05.09(20:16)

ひさしぶりのお天気。
朝から起きて来た息子が
「今日裸で日光浴するからブルーシート出しといて」と。
「裸は止めてね。。。通報されるよ。。。」
と言い残し仕事へ出た。

ブルーシートは袋を開けた形跡はない。
何かにはまり、日光浴は出来なかったのかと思いきや
パンツ1枚でお庭をうろうろしていたそうだ。
「あちゃ。。。」
通りがかりのお年寄りがそそくさと、見ないように通ったそうだ。
強迫の息子は強迫的に日光浴をし、引きこもりで真っ白な肌が
ほんのり赤みを帯びていた。

裸はいただけないが、外に出られたのはすごいと思う。
よくやった!
タイトル画像

トイレ

2009.05.08(18:56)

数年前最高26時間トイレに入っていた息子。
低温やけどでお尻の付け根が「真っ黒」。
なぜここまでなってもトイレから出れないのだろう。
不思議だった。
いくら強迫が強くてもやけどしてまで出てこられないのだろうか。

OCDの専門医に伝えると、不思議がられもせず。。。
こんなものなのかと改めて強迫の大変さを痛感した。

ERPを受けてから心理士の先生より「タイマー」を使うように
指示された。
時間感覚の呼び戻し。
本来ならカウントダウンで設定時間内にトイレを済ます方法が
良いのだろうが、息子はカウントアップをしてどれほど時間が
かかったかを把握し次のステップアップの時間を決めているようだ。

最近は30分ほどで出てこられるようになってきた。
後の手洗いも随分短くなってきた。

今日も頑張ってカウンセリングに出かけた。
受付時間に間に合っているのやら。
まずは外出が出来たことにおっきな花丸をあげよう。
タイトル画像

入浴

2009.05.07(18:41)

2年前の息子の入浴は果てしなく長かった。
夜中にシャワーをしていたら警報装置が作動してガスが止まった。
真冬の真夜中。
そしてシャンプー中。
どうすることも出来なく、真水で流したそうだ。
何時間かかっていたのだろう。

今は30分ほどで出来るようになった。
しかし、準備から着替えまでを入れると数時間かかる。

それでもすごい進歩!

がんばってるなぁ 我が息子!
タイトル画像

連休最後

2009.05.06(17:32)

連休最後の今日は休憩日。

緩慢の息子は引き続き休憩日。

うつの娘がひさしぶりに友人とカラオケへ。

楽しいことが大好きな息子はうらやましそうにいつも聞く。

誰といくの~どこへいくの~何時にいくの~何時に帰ってくるの~

「ひ・み・つ」

早く楽しませたい我が息子。

15日からの集中ERPに行けると変われるぞ!

心の中で背中を押している母でした。

タイトル画像

こどもの日

2009.05.05(23:09)

こどもの日の今日は雨。

緩慢生活に戻った息子は「じめじめしていやだなぁ」
とつぶやく。

息子の後輩とそのお母さんとモーニングに行った。
高校の後輩も強迫をもち息子と同じく中退をした。

彼もやさしい頭のさえている方だ。

母として
「どうしてもっと早く良い治療法を見つけれなかったのか・・・」
「どうしてもっと早く強迫を理解できなかったのか・・・」
「どうして・・・どうして・・・」
と思ってしまう。

今更思っても考えてもどうしようもないのに・・・

今日はネガティブな母でした。
タイトル画像

ゴールデンウィーク

2009.05.04(08:57)

世の中はお休みの真っ只中。
我が家も同じ。
昨日は友人と海にバーベキューに行きました。
子供たちと母は居残り。

強迫の息子は出かけると次の日は休憩日。
なので昨日はお休みデーで1日寝ていたようだ。
帰宅するとのそのそリビングに出てきて
「お土産は~~~」と
「何もないよ~炭と磯のかおりかなぁ。。。」
「・・・・・」
とっときのチューハイを2本プレゼントしたら大喜び。
これが息子のゴールデンウィークの喜びだったみたい。
ささやかですなぁ。
タイトル画像

受診

2009.05.02(00:06)

タイミングが合わないと動けない強迫の息子。
歯磨きからトイレまで何もかもがトリガーとなり
あたかも止まっているように見える。

今日の息子は頑張った!
私が仕事から帰宅するとシャーワーも歯磨きも済んでいた。
時間は3時。
余裕で診察に行けるかと思いきや、さすが緩慢の息子
ここからが長い。
自室と洗面所をまるで動物園の白熊さんのよう。
言ったり来たり・言ったり来たり、何往復もが始まりました。
時間がなくなり、あせればあせるほどはまっていき支度に
時間がかかるいつもの息子に変身!!
何とか診察とカウンセリングに間に合ったようです。

頑張った息子に拍手。。

2009年05月

  1. 名古屋OCDの会(05/31)
  2. 賄賂とご褒美(05/25)
  3. 代わりに(05/24)
  4. (05/22)
  5. 今困っていること(05/21)
  6. 残念(05/17)
  7. ハイ&ロー(05/13)
  8. 食事(05/12)
  9. 日記(05/11)
  10. 日光浴(05/09)
  11. トイレ(05/08)
  12. 入浴(05/07)
  13. 連休最後(05/06)
  14. こどもの日(05/05)
  15. ゴールデンウィーク(05/04)
  16. 受診(05/02)